福山音楽コンクール,メインイメージ
福山音楽コンクール,ご挨拶,サイドメニュー
福山音楽コンクール,基本理念,サイドメニュー
福山音楽コンクール,歴史,サイドメニュー
福山音楽コンクール,審査方法,サイドメニュー
福山音楽コンクール,褒賞について,サイドメニュー
福山音楽コンクール,組織,サイドメニュー
ご挨拶
ご挨拶
日本には多くの音楽コンクールがあります。しかし75回もの歴史を持つコンクールは日本を代表する日本音楽コンクールを除くと見当りません。
福山という地方都市で生まれ歴史を紡ぐ「福山音楽コンクール」は、これからも新しい取り組みを続けます。
昨年は審査員の先生の講評を指導者の先生へお知らせしました。審査員の先生をはじめ、事務局にもとても負担のかかるものでしたが、
同じ子どもの同じ演奏でも、先生はそれぞれの異なる視点で評価されることを知って頂きたいと思いはじめました。画一的でない、純粋で、
生き生きし、ワクワクするような楽しい演奏が出来るように、単に技術面だけでなく、音楽を通して自分の「心」を「伝える力」を磨いて下さい。
指導者の皆様に
福山音楽コンクールは指導者の皆様とともに成長したいと考えております。

指導者の皆様が、どんな思いで指導されるかはとても重要です。
最近の子供たちは、なんとなく元気がありません。
自信たっぷりに話す子どもも少ない様に思います。

自由に表現する、楽しむ、わくわくする、ドキドキする、自分を表現する・・・・
本来、子供たちの心を解放し、自信たっぷりな子供たちを、
たくさん増やしたいとも思っています。

そのため、今年は審査員の先生にお願いし、審査票を「ご本人」ではなく、
「指導者」の皆様にお届けすることに挑戦しました。

そして、出来ていないこと、欠点を指摘することを少し控え
出来ていること、良いところに焦点を当てるように、審査員の先生とお話ししました。

審査員の先生も、欠点を指摘することは比較的簡単ですが、
良い点を見つけて指摘するのは、少し難しい・・・と話されています。

理想どおりにはいきませんが、少しでも自信にあふれた子供たちを
増えるようになることを願っています。
後援・協賛頂いた皆様に
福山音楽コンクールは多くの企業、団体、そのほかの皆様のお力で支えて頂いています。

それに報いる福山音楽コンクールからの情報のご提供などの仕組みは、
必ずしも十分ではありません。このことは、とても重要な課題だと考えています。
もっと、福山音楽コンクールの事を知って頂くことからはじまり、
心からご支援を頂くために、今後とも改善に努めたいと思っております。

今後とも、福山音楽コンクールにご支援、ご協力をお願い申し上げます。
保護者の皆様へ
子ども達の可能性は、私たちの希望です。

子ども達は、わがままで、言う事は聞かず
気ままで、扱いづらいものです。

でも、その子ども達の「目を輝やかせる」のも
「輝きを失わせる」のも、私たち大人だと思います。

この福山音楽コンクールが、子供たちの育成に最も大切な
「折れない心」を育む場として役立つ事を願っています。
福山音楽コンクール公式facebook
福山音楽コンクール

PAGE TOP